第一工業株式会社
個人情報 サイトマップ お問い合わせ
ホーム 会社概要 製品情報 業界別案内 異業種交流会 Webカタログ
ホーム >> 異業種交流会 >> ぐるめらんど
概要・会員一覧
ぐるめらんど
視察報告
ぐるめらんど

第23回 ひめじ ぐるめらんど 2009


播磨の食文化をPRする春恒例のイベント「第23回ひめじぐるめらんど」が4月3日から3日間、姫路市本町の大手前公園にて開催され、播磨食品異業種協議会を中心にした食品製造業者による名産、特産品や西播磨各地の物産の展示販売がおこなわれた。 今年は姫路城の築城400周年と世界遺産登録15周年を記念し、模型や写真で城を紹介するコーナーも登場し、姫路城を訪れた観光客や多くの家族連れなどでにぎわった。


 

オープニングセレモニー

 

第一工業(株)出店風景



「ひめじぐるめらんど」に小寺豆腐と第一工業が出展
(4月24日 トーヨー新報「お豆腐ランド」)


 兵庫・姫路市では4月6日を「しろの日」と定め、毎年多彩なイベントを展開している。今年は姫路城の築城400周年、世界遺産登録15周年にあたるため、それを記念し例年にも増して盛大なイベントが繰り広げられた。
 その一環として4月3〜5日の3日間、姫路城を望む大手前公園西側で開催された「ひめじぐるめらんど」は、姫路の春を彩る食の恒例イベント。今年で23回目を迎えた。 地元の小寺豆腐(小寺弘芳社長、宍粟市)と冷水機メーカーの第一工業(井上拓社長、姫路市)は、この「ひめじぐるめらんど」に第1回から共同出店しており、今年も第一工業の小型低温冷水機「DCU-XR101A」を冷却ショーケースとして用い、 小寺豆腐の新製品「国産」や「鉄板焼厚あげ」、「やっこセット(たれ・かつお付)」、「玉子とうふ」などを特別価格で販売した。
http://www.toyoshinpo.jp/topics/2670



「姫路ぐるめらんど」今年は12万人が来場 播州の特産品PR (4月10日 醸界タイムス)


 兵庫県西部の播州地区に本社を置く食品、酒類、関連機器メーカーが組織する播磨食品異業種交流会(長谷川雄三会長=ヤヱガキ酒造社長)が主催する「姫路ぐるめらんど」が、4月3日から5日までの3日間、姫路城大手前公園で開催された。
 このイベントは、同交流会に加盟する各社が、毎年世界文化遺産・姫路城の桜の季節に自社製品のPRを兼ねて行っているもので、3日間で12万人を超す来場者が、地元・播州の名物や特産品を求めて会場を訪れた。 醸造関係ではヤヱガキ酒造、ヒガシマル醤油、第一工業などが出展。 休日を返上して出社した社員が来店客への対応に追われていた。



  第22回 ひめじ ぐるめらんど 2008

  第21回 ひめじ ぐるめらんど 2007

  第20回 ひめじ ぐるめらんど 2006



ページトップへ


Copyright (c) 2009 DAIICHI INDUSTRIAL CO.,LTD. All Rights Reserved.